訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

小川宏 氏(おがわひろし)

アナウンサー司会者[日本]

2016年 11月29日 死去多臓器不全享年91歳

小川 宏(おがわ ひろし、1926年4月17日 - )は、東京都墨田区出身のフリーアナウンサー・司会者。
NHKの元アナウンサー。
東京府南葛飾郡寺島村(現:東京都墨田区東向島)生まれ。
東京都立第七中学校(現:東京都立墨田川高等学校)を経て早稲田大学専門部工科建築科を卒業後、一旦間組(現在のハザマ)に入社するも半年で退職。
NHKには二次募集で入局した。
同期には八木治郎、大塚利兵衛、福島幸雄、穂坂俊明がいる。
鶴岡放送局、郡山放送局(現在はいずれも支局)に勤務後、1952年より東京勤務となる。
1955年より『ジェスチャー』の4代目司会者として10年にわたって活躍。
同番組における圧倒的な知名度を背景に1965年1月に退職。
NHK退職後、フジテレビと専属契約を結び、1965年5月より同局朝のワイドショー『小川宏ショー』の司会を通算17年務め、4451回という金字塔を打ち立て、「人名を冠した番組の最長寿記録」としてギネスブックから認定・掲載された(後に「森田一義アワー 笑っていいとも!」(タモリ司会)がこの記録を塗り替えている)。