訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ローランド・ヒルRowland Hill

政治家、近代郵便制度の父[イギリス]

1879年 8月27日 死去享年85歳

ローランド・ヒル - ウィキペディアより引用
ローランド・ヒル(Rowland Hill, KCB, 1795年12月3日 - 1879年8月27日)はイギリス郵便制度の改革者。
ペニー郵便制(en)の創設者。
イギリスの近代郵便制度の基本概念を生み出した。
「近代郵便制度の父」と呼ばれる。
ただし名誉革命以前に、ウィリアム・ドクラの手によるペニー飛脚ができている。
これは、ヨーク公時代のジェームズ2世 (イングランド王) がロイヤルメールの独占権侵犯をしつこくプロパガンダして接収した。
ローランド・ヒルはローランド・ヒル将軍の甥としてウスターシャーのキッダーミンスター(Kidderminster)に生まれた。
彼は1833年まで教師であり、その後「実用知識普及協会」(Society for the Diffusion of Useful Knowledge)の書記となった。
1837年、彼が42歳のとき、政府調査に対して彼の着想を提案し、彼の最も有名な小冊子を出版した。
この『郵便制度改革: その重要性と実用性』("Post Office Reform: its Importance and Practicability", 1837)では英国郵便制度の根本的な改革、とりわけ国内で0.5オンスの重さまでの手紙に対して1ペニーからなる均一の郵便料金率を要求し、大きなセンセーションを巻き起こした。

↑ PAGE TOP