芸能人・経営者のおくやみ情報

矢部長克 氏(やべひさかつ)

地質学者、古生物学者[日本]

1969年 6月23日 死去享年92歳

矢部 長克(やべ ひさかつ、1878年12月3日 - 1969年6月23日)は、日本の地球科学者。
東京生まれ。
東北大学名誉教授。
東京大学卒業。
日本での地質学、古生物学の創始者。
日本と大陸の構造学的研究や北海道のアンモナイト化石の研究で有名。
1918年糸魚川静岡構造線を提唱した。
他にも、日本列島が100万年前に大陸から分離したと発表して反響を呼んだ。
日本古生物学会の初代と第8代会長を歴任。
1953年文化勲章受章。
父・長禎は開業医。
兄は植物学者の矢部吉禎。
息子・一郎は東北大学図書館司書を勤めた。
栄典 1918年(大正7年)2月12日 - 従五位 関連項目 文化勲章受章者の一覧 糸魚川静岡構造線 脚注 外部リンク 東北大学創立100周年記念理学部サイエンス展示 資料標本類が語る理学部100年の記憶 「人物編」。

やべひさかつ [生]1878.12.3.東京[没]1969.6.23.東京地質学者,古生物学者。東京大学地質学科卒業(1901)。東北大学教授。日本の化石層序学の先駆的業績を残した。東北大学地質学古生物学教室を創設。構造地質学では糸魚川-静岡構造線を提唱し,古生物学的研究では古生代から新生代まで動植物全般にわたり,日本の新生代と中生代白亜紀の化石層序を確立した。地質学的研究では中央構造線の性格,鮮新世・更新世気候論,日本の氷河問題,海底地形・地質など広い分野で活躍した。1953年文化勲章受章。 (引用元 コトバンク)