芸能人・経営者のおくやみ情報

アラン・ラッド 氏Alan Ladd

俳優[アメリカ]

1964年 1月29日 死去享年52歳

アラン・ラッド - ウィキペディアより引用

アラン・ラッド(Alan Ladd, 本名:Alan Walbridge Ladd, 1913年9月3日 - 1964年1月29日)は、アメリカ合衆国出身の俳優である。
西部劇映画の代表作『シェーン』で主役のシェーンを演じたことで知られる。
1913年9月3日にアーカンソー州ホットスプリングスで生まれた。
4歳の頃に父親を亡くし、母親と共にカリフォルニア州に移る。
高校時代は水泳と陸上競技で活躍し、オリンピック出場を目指すものの、怪我のためにスポーツ選手の夢を断念する。
卒業後はハンバーガー・ショップを開店するも、映画スタジオの裏方の仕事やエキストラなどするようになる。
長い下積みを経て、1941年にグレアム・グリーン原作の『拳銃貸します』で演じた非情な殺し屋役で人気を獲得する。
このとき共演したヴェロニカ・レイクとは『ガラスの鍵』『青い戦慄』でも共演することになる。
B級フィルム・ノワールの主演スターとして活躍したラッドは、1953年のジョージ・スティーヴンス監督の西部劇『シェーン』でその人気を決定的なものにする。