訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

永源遙 氏(えいげんはるか)

プロレスラー、元相撲力士[日本]

2016年 11月28日 死去享年71歳

永源 遙(えいげん はるか、1946年1月11日 - )は、日本の元プロレスラー、元大相撲力士(立浪部屋所属)。
石川県鹿島郡鹿西町(現在の中能登町)出身。
プロレスラー時代は多くの団体を渡り歩き、現在はプロレスリング・ノア所属。
百田光雄とのシングルマッチは「宿命の対決」とも言われ、100回を超える回数を戦っている。
現役後年は唾飛ばしで名を馳せ、対戦相手も永源を観客に向け、喉元を殴打させることで発せられる永源の唾を浴びる観客(それを除ける傘、新聞紙を持参する観客)が多くなった。
大相撲の立浪部屋に入門し、永源の四股名で1961年7月場所に15歳で初土俵を踏んだ。
1963年9月場所には序二段で優勝したが、その後伸び悩み1965年5月場所限りで廃業した。
最高位は、幕下71枚目。
大相撲廃業後、1966年5月に東京プロレスに入団してプロレスラーに転身し、永源 勝のリングネームでデビュー。
翌年の1967年に東京プロレスが崩壊した後は日本プロレスに移籍した。
日本プロレス崩壊直前の1973年にアメリカで武者修業を行ったが、修行先で崩壊を迎える。