訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

オットー・ディクス 氏Wilhelm Heinrich Otto Dix

画家[西ドイツ]

1969年 7月25日 死去享年79歳

オットー・ディクス - ウィキペディアより引用
オットー・ディクス(Otto Dix, 1891年12月2日 - 1969年7月25日)はドイツの新即物主義の画家。
生涯 ゲーラ近郊のウンテルムハウス(de)に生まれる。
大戦前後を通じてドレスデンにて美術を学ぶ。
第一次世界大戦に従軍。
戦争の悲惨さや、戦後ドイツの頽廃した社会情勢をグロテスクともいえる生々しさで表現する。
また数多くの肖像画を残すがそれらも現実を徹底的に直視する写実精神をもって描かれている。
1927年、ドレスデン美術アカデミー教授となるが、1933年、ナチスの政権掌握後、解雇された。
また1937年の頽廃芸術展(Entartete Kunst)に多くの作品が展示され、翌1938年には彼の260もの作品が公的コレクションから押収された。
1945年には召集され従軍するが、翌年フランス軍の捕虜となる。
解放後、ドレスデンを中心に活動を再開する。
1969年、卒中によりジンゲン(en)にて死去。
代表作 『戦争』 『塹壕:Grabenkrieg -1932年-』 関連項目 新即物主義 頽廃芸術 表現主義 外部リンク [1] [2] Otto Dix。