芸能人・経営者のおくやみ情報

ニコライ・レザノフ

外交官[ロシア]

1807年 3月13日 死去享年歳

ニコライ・レザノフ - ウィキペディアより引用

ニコライ・ペトロヴィチ・レザノフ(Nikolai Petrovich Rezanov, ロシア語: Никола́й Петро́вич Реза́нов, 1764年4月8日(ユリウス暦3月28日) - 1807年3月13日)は、ロシア帝国の外交官。
極東及びアメリカ大陸への進出に関わり、ロシアによるアラスカおよびカリフォルニアの植民地化を推進した。
露米会社(ロシア領アメリカ毛皮会社)を設立したほか、クルーゼンシュテルンによるロシア初の世界一周航海(1803年)を後援し、自ら隊長として日本まで同行した。
この日本来航(1804年、文化元年)はアダム・ラクスマンに続く第2次遣日使節としてのものである。
露日辞書のほか多くの著書は、自身も会員だったサンクトペテルブルクのロシア科学アカデミーの図書館に保存されている。
彼は40代で死んだが、その早い死はロシアおよびアメリカ大陸の運命に大きな影響を与えた。
生涯および事績 露米会社 サンクトペテルブルクに生まれる。
14歳の頃には既に5か国語をマスターしていたといわれる。