芸能人・経営者のおくやみ情報

栗城史多 氏(くりきのぶかず)

登山家[日本]

(エベレストを下山中に死去)

2018年 5月21日 死去滑落享年37歳

栗城 史多(くりき のぶかず、1982年6月9日 - )は、日本の登山家、起業家。
株式会社たお代表取締役。
北海道瀬棚郡今金町出身。
北海道檜山北高等学校、札幌国際大学人文社会学部社会学科卒業。
よしもとクリエイティブ・エージェンシーと2011年9月から業務提携。
「冒険の共有」をテーマに全国で講演活動を行いながら、年に1、2回ヒマラヤ地域で高所登山を行っている。
エベレストには単独無酸素登頂と頂上からのインターネット生中継 を目指し、2009年9月チベット側、2010年9月ネパール側から挑んだが、8,000mに達することが出来ず敗退。
2011年8〜10月に前年と同じネパール側から3度目の挑戦をしたがサウスコル7900mに達せず敗退。
2012年10月に西稜ルートから4度目の挑戦も強風により敗退。
この時受傷した凍傷により、のちに両手の指9本を切断。
しかし、2015年8月末の5度目のエベレスト登頂も敗退した。
「元ニート」 「元引きこもり」 を自称しているが、これはあくまでキャラクター作りのための設定であり、実際にはそのどちらでもない。

登山家。1982年6月9日、北海道生まれ。札幌国際大学の山岳部で登山に出会い、2004年、初の海外遠征で北米大陸最高峰のマッキンリーを単独登頂。大学在学中に6大陸最高峰を制覇する。07年からヒマラヤの8000メートル峰に挑戦するとともに、登山中にインターネットを通じての動画配信を開始。単独・無酸素による高峰登山を追求し、09年から毎年エベレストに挑戦していたが、いずれも失敗した。4度目の挑戦となった12年、手の指9本の大部分を凍傷で失う。18年4月、8度目のエベレストに挑戦し、登頂を目指している最中に体調が悪化。下山中に倒れ、死亡が確認された。享年35。 (2018-5-24) (引用元 コトバンク)

「栗城史多」と関連する人物(故人)