芸能人・経営者のおくやみ情報

フィデル・カストロ 氏Fidel Castro

政治家、元 国家評議会議長[キューバ]

2016年 11月25日 死去享年91歳

フィデル・カストロ - 政治家、元 国家評議会議長

フィデル・アレハンドロ・カストロ・ルス(Fidel Alejandro Castro Ruz (ファイル:Speaker Icon.svg audio), 1926年8月13日 - )は、キューバの政治家、革命家、軍人、弁護士。
社会主義者で、1959年のキューバ革命でアメリカ合衆国の事実上の傀儡政権であったフルヘンシオ・バティスタ政権を武力で倒し、キューバを社会主義国家に変えた。
革命によって同国の最高指導者となり、首相に就任。
1965年から2011年までキューバ共産党中央委員会第一書記を、1976年より2008年まで国家評議会議長(国家元首)兼閣僚評議会議長(首相)を務めた。
国家元首として在職中、日本国内においては「カストロ議長」と呼称されることが多かった。
なお、本項では本人を指す場合は原則として「フィデル」の表記を用いる。
これは、彼の弟にして後継者であるラウル・カストロの存在があるためで、ラウルについても本項では原則として「ラウル」の表記を用いる。
大学卒業まで 1926年、マヤリ近郊のビランにて、スペインのガリシア人移民で裕福な農場主アンヘル・カストロ・イ・アルギスの息子として生まれる。

キューバの政治家、革命家、軍人、弁護士。1926年8月13日、キューバ・オリエンテ州(現オルギン州)生まれ。フルネームはフィデル・アレハンドロ・カストロ・ルス。47年、ドミニカ共和国トルヒーリョ政権打倒の遠征に参加する。50年6月にハバナ大学法学部を卒業し、弁護士として開業。53年7月26日、モンカダ兵営襲撃に失敗し、懲役15年の判決を受ける。55年、大赦により釈放となりメキシコに亡命、同地で亡命キューバ人による革命軍を組織した。56年には革命軍(82人)と共にキューバに潜入し、ゲリラ運動を始める。59年1月1日、バチスタ独裁政権の打倒に成功(キューバ革命)。61年4月16日、社会主義革命を宣言し、65年にはキューバ共産党第一書記就任した。76年、国家評議会議長(元首)兼閣僚評議会議長(首相)に就任。2006年7月31日、腸内出血により実弟のラウル・カストロに暫定的に要職移譲することを発表。08年2月18日、国民向けメッセージで、国家評議会議長及び最高司令官の職を辞す意向を表明し、ラウルに正式に権限を移譲した。11年4月19日、共産党大会で党第1書記を退任、事実上引退した。 (2014-12-24) (引用元 コトバンク)