訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

アンデルス・セルシウスAnders Celsius

文学者[スウェーデン]

1744年 4月25日 死去結核享年44歳

アンデルス・セルシウス - ウィキペディアより引用
アンデルス・セルシウス(Anders Celsius、1701年11月27日 - 1744年4月25日)は、スウェーデンの天文学者。
名前は、現代スウェーデン語読みではアンダーシュもしくはアンデーシュ[andæːʂ]と発音する。
生涯 1701年、スウェーデンのウプサラ県ウプサラ、もしくはイェヴレボリ県オヴァノーケルに生まれた。
天文学者だった父から学んだ後、ウプサラ大学で学び、1730年から1744年まで同大学で天文学の教授を務めた。
ただし1732年から1735年までの3年間はドイツ、イタリア、フランスの有名な天文台を巡る旅行をしていた。
セルシウスは自身の観測を含む1716年から1732年までの延べ316回のオーロラの観測結果を収集し、1733年にそれらをまとめてドイツのニュルンベルクで刊行した。
また、アイザック・ニュートンが予想した地球の形状(扁球説)がジョヴァンニ・カッシーニの測量結果(長球説)と一致せず論争が続いていた問題に関して、より正確な子午線の測定をフランスのパリ滞在中に提唱。

「アンデルス・セルシウス」と関連する人物(故人)

アイザック・ニュートン ジョヴァンニ・カッシーニ

↑ PAGE TOP