芸能人・経営者のおくやみ情報

ティントレットTintoretto

画家[イタリア]

1594年 5月31日 死去享年77歳

ティントレット - ウィキペディアより引用

ティントレット(Tintoretto, 本名:Jacopo Comin (Jacopo Robusti), 1518年9月29日 - 1594年5月31日)は、イタリアのルネサンス期の画家。
師匠のティツィアーノ、そしてヴェロネーゼとともにルネサンス期のヴェネツィア派を代表する画家。
ティツィアーノの色彩とミケランジェロのマニエリスムの形体を結びつけ、情熱的な宗教画を描いた。
生涯 ヴェネツィアの染物屋であるジョヴァンニ・バティスタ・ロブスティ(本名ジョヴァンニ・バティスタ・コミン)の息子として生まれたため、「ティントレット(染物屋の息子)」と呼ばれている。
画家、文筆家で1642年にティントレットの生涯を出版したカルロ・リドルフィによると、父親によりティントレットはティツィアーノの門下となった。
師の影響は《聖パウロの改心》(ワシントン、ナショナル・ギャラリー)や《「この人を見よ」Ecce homo》(サンパウロ美術館)に認められる。
しかしそれは長く続かず、ティントレットはティツィアーノに画家としての熟達を承認した署名を与えられ、工房を出ることとなった。

Tintoretto [生]1518.9/10.ベネチア[没]1594.5.31.ベネチアイタリアの画家。本名JacopoRobusti。染物師tintoreの息子であったためtintoretto(小染物師)の名がついた。P.ベロネーゼとともに爛熟期のベネチア派の代表者。初めV.ティツィアーノの弟子であったが,1545~46年ローマに旅行し,ミケランジェロやマニエリストたちの感化を受けた。48年の『囚人を救い出す聖マルコ』(ベネチア・アカデミア美術館)は,ベネチア伝統の華麗な色彩とマニエリスムの形式,構図を融合した画風がすでに完成していることを示す。64~87年スクオーラ・ディ・サン・ロッコの壁画,天井画として新約聖書と聖ロッコの生涯を描いた。またパラッツォ・ドゥカーレの再興にあたり『天国』(1588~90)を含む膨大な絵を制作。晩年には『最後の晩餐』(ベネチア,サン・ジョルジョ・マジョーレ聖堂)を描く。彼の光,色彩の劇的な効果,歪曲した空間表現などの技法は16世紀後半のマニエリスムの発展に大きな影響を与えた。 (引用元 コトバンク)

「ティントレット」と関連する人物(故人)