訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

フランクリン・ピアースFranklin Pierce

政治家、アメリカ合衆国第14代大統領[アメリカ]

1869年 10月8日 死去肝硬変享年66歳

フランクリン・ピアース - ウィキペディアより引用
フランクリン・ピアース(Franklin Pierce, 1804年11月23日 - 1869年10月8日)は、第14代アメリカ合衆国大統領。
現在までニューハンプシャー州から選出された唯一の大統領である。
民主党員のピアースは「doughface」(奴隷制度に賛成した北部自由州の議員)であり、上下両院で議員として務めた。
米墨戦争に従軍し、准将まで昇進した。
ニューハンプシャーでの法律業務で成功し、いくつかの重要な地位に就くことになったが、後にそれを辞任する。
その後彼は1852年民主党全国大会の49回目の投票において大統領候補に指名された。
大統領選ではピアースとランニングメイトのウィリアム・キングは選挙人団投票においてで地滑り的勝利を収めた。
彼らはホイッグ党のウィンフィールド・スコット、ウィリアム・グラハムに一般投票で22万票差、選挙人投票で212票差で勝利した。
彼はその外見と人当たりの良い個性で多くの友人を作ったものの、私生活においては恵まれなかった。
大統領として彼は米国史上最悪の大統領の一人として評価される。
彼はカンザス・ネブラスカ法を支持し、ミズーリ協定を撤廃、西部において奴隷制度を拡大することについての議論を再開したことで、北部における人気は急激に低下した。

↑ PAGE TOP