芸能人・経営者のおくやみ情報

黒岩涙香(くろいわるいこう)

作家[日本]

1920年 10月6日 死去享年59歳

黒岩涙香 - ウィキペディアより引用

黒岩 涙香(くろいわ るいこう、1862年11月20日(文久2年9月29日) - 1920年(大正9年)10月6日)は、日本の思想家、作家、翻訳家、ジャーナリスト。
兄は黒岩四方之進。
本名は黒岩周六。
黒岩涙香のほか、香骨居士、涙香小史、冷眼士等などの筆名を用いた。
号は古概、民鉄、黒岩大。
あだ名はマムシの周六。
戒名は黒岩院周六涙香忠天居士。
翻訳家、作家、記者として活動し、『萬朝報(よろずちょうほう)』を創刊した。
土佐国安芸郡川北村大字前島(現在の高知県安芸市川北)に土佐藩郷士・黒岩市郎の子として生まれる。
藩校文武館で漢籍を学び、16歳で大阪に出て中之島専門学校(後の大阪英語学校)に学び英語力を身につける。
翌年、上京して成立学舎や慶應義塾に進学するも、いずれも卒業せず。
大阪時代から新聞への投書を始め、自由民権運動に携わり1882年(明治15年)には官吏侮辱罪により有罪の判決を受けた。
『同盟改進新聞』や『日本たいむす』に新聞記者として入社後、1882年(明治15年)に創刊された『絵入自由新聞』に入社。

小説家、ジャーナリスト(1862年(文久2年)9月29日〜1920年(大正9年)10月6日) 日本探偵小説の祖。 本名は周六。 都新聞の主筆を経て萬朝報(よろずちょうほう)を立ち上げる。 翻訳としては「岩窟王」が名高い。 (引用元 Hatena Keyword)