訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ミハイル・ロモノーソフMikhail Vasilyevich Lomonosov

博学者、作家[ロシア]

1765年 4月15日 死去享年55歳

ミハイル・ロモノーソフ - ウィキペディアより引用
ミハイル・ワシリエヴィチ・ロモノーソフ (русский: Михаи́л Васи́льевич Ломоно́сов, ラテン文字転写: Mikhail Vasilyevich Lomonosov) (1711年11月19日(ユリウス暦 11月8日) – 1765年4月15日(ユリウス暦 4月4日))はロシアの博学者、科学者、作家。
文学、教育、科学に関する業績を残している。
とりわけ金星の大気の発見が重要。
ロモノーソフは詩人でもあり、ロシア文章語の改革にも努めている。
同じくロシアの詩人アレクサンドル・プーシキンから「ロモノーソフ自身が大学である」と評価したことでも知られる。
漁師から科学者へ ロモノーソフはロシア極北ホルモゴルイ付近の島にあるアルハンゲリスク市Denisovka村(後にロモノーソフを記念してLomonosovoに改名)に生まれた。
10歳の時には漁師の父を助けて働いていた。
彼は学ぶことを好んでおり、知り合いに本を借りて独学をしていたが、付近に学校が無かったため本格教育を受けることができなかった。

↑ PAGE TOP