訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

フェルディナン・ド・レセップスFerdinand Marie Vicomte de Lesseps

外交官実業家[フランス]

(スエズ運河を建設)

1894年 12月7日 死去享年90歳

フェルディナン・ド・レセップス - ウィキペディアより引用
ファイル:Ferdinand_de_Lesseps.jpg thumb 250px フェルディナン・ド・レセップス
フェルディナン・マリ・ヴィコント・ド・レセップス(Ferdinand Marie Vicomte de Lesseps、1805年11月19日 - 1894年12月7日)は、フランスの外交官、実業家。
スエズ運河を建設したことで知られている。

1805年、ヴェルサイユで外交官マティユ・ド・レセップスとスペイン人カトリーヌの間に生まれた。
叔父のジャン・レセップスは、ラ・ペルーズ伯ジャン=フランソワ・ド・ガロー ラ・ペルーズ伯の探険航海に参加し、その報告書レセップスの旅行日記の著者。

1825年から、リスボン・チュニスで領事を務め、1833年に駐アレキサンドリア副領事としてエジプトに着任する途中、船内でコレラが発生し、上陸が一時停止され、海上で隔離されたときに暇つぶしに読んだフランス人技師ルペールがナポレオンに宛てたエジプトに関する報告書を読み、スエズ運河構築の夢を抱くようになった。

「フェルディナン・ド・レセップス」と関連する人物(故人)

ナポレオン3世

↑ PAGE TOP