芸能人・経営者のおくやみ情報

アドルフ・エリク・ノルデンショルドNils Adolf Erik Nordenskiold

鉱山学者、探検家[フィンランド→スウェーデン]

1901年 8月12日 死去享年70歳

アドルフ・エリク・ノルデンショルド - ウィキペディアより引用

ニルス・アドルフ・エリク・ノルデンショルド(Nils Adolf Erik Nordenskiold, 1832年11月18日 - 1901年8月12日)は、フィンランド大公国(現フィンランド共和国)出身のスウェーデン系フィンランド人で鉱山学者及び探検家。
北ヨーロッパと東アジアを結ぶ最短の航路(北東航路)の開拓を成功させ、日本にまで達したことで世界的なセンセーションを巻き起した。
フィンランド時代 ノルデンショルドは、フィンランドの首都ヘルシンキで鉱山学者の子として生まれた。
彼の曾祖父は、17世紀にスウェーデン王国からフィンランドへ定住した。
当時のフィンランドはスウェーデンの属領であった。
ノルデンショルドは、鉱山学者の父であるニルス・グスタフ・ノルデンショルドに少年時代から調査を共にし、鉱山研究をし続け、成年に達してからも父と共にウラル山脈へ鉱山調査へ赴くなど自身も鉱山学者として成長していった。

「アドルフ・エリク・ノルデンショルド」と関連する人物(故人)