訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ルイ・ジャック・マンデ・ダゲールLouis Jacques Mandé Daguerre

画家写真家[フランス]

1851年 7月10日 死去享年65歳

ルイ・ジャック・マンデ・ダゲール - ウィキペディアより引用
ルイ・ジャック・マンデ・ダゲール(Louis Jacques Mandé Daguerre 、1787年11月18日 - 1851年7月10日)は、フランスの画家、写真家。
史上初めて実用的な写真技術を完成した人物として知られる。
写真の研究を行う前は、パリで舞台背景画家・パノラマ画家・ジオラマ作家として活躍していた。
同じ画家で先に写真研究を開始していたニセフォール・ニエプスとともにカメラの研究を開始。
ニエプスは1826年に最初の写真術であるヘリオグラフィーを発明し、世界最初の写真を残しているが、その露光時間は8時間程度を要するもので、到底一般的な実用に耐える技術ではなかった。
ダゲールはニエプスの死後も研究を続け、1839年に銀板写真法を発表した。
このカメラは発明者の名前をとってダゲレオタイプと呼ばれ、露光時間を10-20分から最終的には1-2分にまで抑えることに成功し、肖像写真の撮影も容易なものとなった。
ダゲールによるダゲレオタイプは、一般の人々でも制作可能な設備・装置、現実的範囲の撮影所要時間と、撮影した映像の定着保存技術をすべて実現させたことで、実用的な写真法の端緒となった。

↑ PAGE TOP