訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

奥野誠亮 氏(おくのせいすけ)

政治家[日本]

2016年 11月16日 死去老衰享年104歳

奥野 誠亮(おくの せいすけ、1913年(大正2年)7月12日 - )は、日本の内務官僚、政治家。
「おくの せいりょう」と呼ばれることもある(有職読み)。
浪速製氷冷蔵社長、奈良県議、御所町長を務めた奥野貞治の子。
奈良県御所市出身。
みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会初代会長。
平城遷都1300年記念事業協会特別顧問。
奈良大学理事。
内務官僚時代 旧制畝傍中学、旧制一高を経て、1938年(昭和13年)3月、東京帝国大学法学部を卒業し、同年4月に内務省に入省。
長崎への原爆投下がされた翌朝に、内務省が各省庁の官房長を集めて会議を開いたが、当時、同省地方局戦時業務課の事務官をしており、ポツダム宣言に「戦争犯罪人は処罰する」(第10条)と書かれていたため、戦犯を出さないように公文書の焼却(=証拠隠滅)を提案した。