訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ジャン=バティスト・ビオJean-Baptiste Biot

物理学者文学者[フランス]

1862年 2月3日 死去享年89歳

ジャン=バティスト・ビオ - ウィキペディアより引用
ジャン=バティスト・ビオ(Jean-Baptiste Biot、1774年4月21日 - 1862年2月3日)は、フランスの物理学者、数学者。
1800年代のはじめに電流と磁場の関係を研究した。
ビオ・サバールの法則に名前が残っている。

パリの名門高校であるリセ・ルイ=ル=グランを卒業後、1794年にフランス国立土木学校に入学。

その後オワーズ県の工芸学校やエコール・ポリテクニーク(理工科学校)などの教員を務めた後、1801年に29歳でコレージュ・ド・フランスの教授に就任した。
さらに1803年には科学アカデミー (フランス) 科学アカデミーの会員に選出された。

溶液の偏光や、電磁気学の研究を行った。
特に、偏光の研究では光学異性体の可能性を唱え、後にルイ・パスツールが酒石酸塩の光学分割に成功したことにより証明された。
その際には、ビオはパスツールを呼んで実際に実験させたという。

↑ PAGE TOP