芸能人・経営者のおくやみ情報

レフ・ランダウ 氏Lev Davidovich Landau

理論物理学者[ソ連]

1968年 4月1日 死去享年61歳

レフ・ランダウ - ウィキペディアより引用
レフ・ダヴィドヴィッチ・ランダウ(русский: Ле́в Дави́дович Ланда́у、ラテン文字転写: Lev Davidovich Landau、1908年1月22日 - 1968年4月1日)はロシアの理論物理学者。
絶対零度近くでのヘリウムの理論的研究によってノーベル物理学賞を授与された。
エフゲニー・リフシッツとの共著である『理論物理学教程』は、多くの言語に訳され、世界的にも標準的な教科書としてよく知られている。
生涯 ランダウは1908年、ダビッド・ルボヴィッチ・ランダウの第2子として、アゼルバイジャンのバクーにて誕生した。
父ダビッドは裕福な石油技術者であった。
母リュボフは貧しいユダヤ人家庭の出身だが、科学や教育に関し非凡な能力を発揮した。
薬理学に関する論文や教科書を執筆し、ユダヤ人学校で子供の教育に携わるなど、教育熱心な女性であった。
ランダウの人格形成や科学的才能の開花については、母リュボフの影響が大きかったとされる。
14歳でバクー国立大学物理学科に入学。
16歳でレニングラード大学に移り、1927年に19歳で学位を取得。