訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

アンドレ=マリ・アンペールAndré-Marie Ampère

物理学者[フランス]

1836年 6月10日 死去享年62歳

アンドレ=マリ・アンペール - ウィキペディアより引用
アンドレ=マリ・アンペール(André-Marie Ampère, 1775年1月20日 -1836年6月10日)は、フランスの物理学者。
電磁気学の創始者の一人。
アンペールの法則を発見した。
電流の単位の アンペアはアンペールの名にちなんでいる。

1793年、リヨンが国民公会の軍隊によって占領されると、アンペールの父親は投獄後、断頭台で死刑になってしまう。
「juge de paix」(Justice of the Peace) と呼ばれるフランス法廷に勤めており、フランス革命は行き過ぎであるという態度を断固としてくずさなかったためだ。
このようなことがあったため、アンペールの多感な心は打ちひしがれ、1年以上も無気力になってしまった。
あるとき植物学の投稿前論文を入手したことで、学問に対する興味が戻ってきた。
その後、古典詩人の研究、さらに詩作へと関心が移っていった。

↑ PAGE TOP