訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

オノレ・ドーミエHonoré-Victorin Daumier

画家[フランス]

1879年 2月10日 死去享年72歳

オノレ・ドーミエ - ウィキペディアより引用
オノレ・ドーミエ(Honoré-Victorin Daumier, 1808年2月26日 - 1879年2月10日)は、19世紀のフランスの画家。
ドーミエは、風刺版画家として知られるとともに、油彩画家としてもロートレック、ゴッホをはじめ、多くの画家に影響を与えた。
生涯 1808年、マルセイユにガラス職人の子として生まれた。
職人であった父・ジャン=バティストは、文学趣味の強い人物で、詩人として身を立てるため、1814年(1815年とも)、家族を置いてパリに赴いた。
ジャン=バティストの妻と子どもたちが父を追ってパリに出てきたのは1816年、画家ドーミエが8歳の時であった。
一家の暮らしは貧しく、ドーミエは少年時代から弁護士の使い走りや書店の店員として走り回っていた。
14歳の時にはアレクサンドル・ルノワールという画家(印象派のルノワールとは無関係)に師事して、ティツィアーノやルーベンスの技法を学び、有名な私塾・アカデミー・シュイスにも通っている。