芸能人・経営者のおくやみ情報

中山昭二 氏(なかやましょうじ)

俳優[日本]

1998年 12月1日 死去肺炎享年71歳

中山 昭二(なかやま しょうじ、1928年2月26日- 1998年12月1日)は、日本の俳優。
本名は、中山 昭治。
元妻は女優の横山道代。
旧・東京市本郷区湯島天神(現在の東京都文京区湯島天神)出身。
身長172cm、体重72kg。
趣味は読書、熱帯魚の飼育、ランの栽培、釣り、日本舞踊、モダンダンス。
来歴・人物 1928年2月26日、酒屋の三男として生まれる。
本郷第一国民学校在学中に横須賀海兵団の第一期少年水測兵に任命される。
終戦後はバレエダンサーとして幾多の舞踊団に在籍。
1952年、越路吹雪の相手役として舞台に出演したところを、日米合作映画『アナタハン』の撮影で来日していたジョセフ・フォン・スタンバーグ監督にスカウトされ、同作品への出演を期に映画界へ転身する。
ちなみにこの作品には撮影スタッフとして円谷英二も参加しており、はからずも両者は運命的な出会いを果たすことになった。
『アナタハン』出演後は新東宝に入社し、1953年に映画『憲兵』で主役デビュー。
その甘いマスクで一躍新東宝を代表するスターとなる。
1959年、東映東京に移籍。
ニュー東映製作の現代劇作品から全盛期の任侠映画まで、幅広く重要な役柄を演じたが、新東宝時代のように主役を務める機会には恵まれなかった(この時期、ハワイで活動中の女優 / 歌手、古城あけみ(本名:西室美恵子)と婚約していたが、後に古城が一般人と結婚することで破局を迎える)。