訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

武内つなよし 氏(たけうちつなよし)

漫画[日本]

1987年 4月17日 死去肺がん享年66歳

武内つなよし - ウィキペディアより引用
武内 つなよし(たけうち つなよし、男性、1922年2月26日 - 1987年4月17日)は、日本の漫画家、小説家。
本名は、武内 綱義。
神奈川県横浜市出身。
代表作に『赤胴鈴之助』、『少年ジェット』がある。
太平洋美術学校で絵を学ぶ。
終戦後は紙芝居作家として活動したのち、1952年『燃えない紙』(「探偵王」8月号)で漫画家デビューする。
1954年、福井英一が「少年画報」に『赤胴鈴之助』の連載を開始したが、第一回が掲載された直後に急死したため、これを描き継ぎ、大ヒット作品に育て上げた。
1957年にはラジオドラマ化を皮切りに、映画化、そしてテレビドラマ化と立て続けに他メディアに進出。
さらに1972年にはアニメ化されている。
また、1959年から「ぼくら」に連載された『少年ジェット』はテレビドラマ化され大人気となり、連載も3年間継続された。
画調は当初、福井の画調とも共通する丸味のある絵が特徴だったが、次第にリアルな劇画調タッチに変化を遂げている。
1970年、日本文華社「特集漫画トピックス」では、青年になった鈴之助が性に目覚めて悶々とする続編『青年赤胴鈴之助』が描かれている。

↑ PAGE TOP