芸能人・経営者のおくやみ情報

リーガル天才 氏(りーがるてんさい)

漫才師、リーガル天才・秀才[日本]

2004年 12月22日 死去享年81歳

リーガル天才・秀才(りーがるてんさい しゅうさい)は高峰(玉川)一門の漫才コンビである。

1952年、「曽我天才・坂東秀才」という名でコンビ結成。
1956年、漫才の目標と仰いでいたリーガル千太・万吉から「リーガル」の名を許され現名に。
とぼけた味と鋭い社会批評で人気を博すが1970年、放送業界の芸人軽視(氷の上で漫才をさせたことに義憤を感じたと言われる)を不満としてテレビ・ラジオ出演拒否を宣言、寄席に専念する(1980年に宣言解除)。

1988年に第43回文化庁芸術祭賞を受賞し、1991年には紫綬褒章を受章した。

:神奈川県出身。
本名:曽我 忠一(そが ちゅういち)。

:浅草軽演劇の出身で、1943年に「笑いの王国」で初舞台。
晩年はパーキンソン症候群に冒され2000年9月 埼玉県の敬老会に出演した時に、ネタ中にくるっと一回りする場面があったが、回れずに倒れてしまった。

リーガルテンサイ 職業漫才師 肩書漫才協団会長 本名曽我忠一 別名筆名=宇佐晴士 グループ名コンビ名=リーガル天才・秀才(リーガルテンサイシュウサイ) 生年月日大正13年2月26日 出生地神奈川県 学歴工学院〔昭和15年〕卒 経歴中学卒業後、家を出て、“笑いの王国”の横尾泥海男に弟子入り。昭和18年俳優として初舞台を踏む。満州慰問団に加わり渡満したがすぐ終戦、22年帰国。劇団山びこを結成したが解散、街頭宣伝の会社を始める。27年元座員のリーガル秀才とコンビを組んで漫才に転向、29年デビューし、NHK漫才コンクールで1位となる。リーガル千太・万吉傘下で、31年からリーガルを冠した。女性問題や政治風刺を得意とし、知的な正当派しゃべくり漫才で人気を集めた。45年テレビ・ラジオの芸人に対する扱いに我慢できず一切の出演を拒否する“不出演宣言”を行い話題となった。その後、ファンの要望があって数年後にNHKでテレビ復帰、以来NHKには出演。63年芸術祭賞、平成3年紫綬褒章を受章。5〜10年漫才協団会長。11年高座で倒れてからは闘病生活を続けた。弟子にケーシー高峰らがいる。 受賞紫綬褒章〔平成3年〕芸能功労者表彰(第7回)〔昭和56年〕,芸術祭賞〔昭和63年〕 没年月日平成16年12月22日(2004年) (引用元 コトバンク)

「リーガル天才」と関連する人物(故人)