芸能人・経営者のおくやみ情報

アイルトン・セナ 氏

F1レーシングドライバー[ブラジル]

1994年 5月1日 死去レース中の事故享年34歳

アイルトン・セナ - ウィキペディアより引用

アイルトン・セナ・ダ・シルバ(Ayrton Senna da Silva, 1960年3月21日 - 1994年5月1日)は、ブラジル人の元レーシング・ドライバー。
F1世界選手権において、1988年・1990年・1991年と、計3度ワールドチャンピオンを獲得した。
時代を代表するドライバーの1人とされ、特に計65度のPP獲得数は、2006年にミハエル・シューマッハに更新されるまで歴代1位だった。
アラン・プロスト、ネルソン・ピケ、ナイジェル・マンセルとは、1980年代から1990年代前半のF1を象徴する存在として、「四強」「ビッグ4」「F1四天王」などと纏めて呼ばれることもある。
特にプロストとのライバル関係が知られ、日本では2人の争いが「セナ・プロ決戦」「セナ・プロ対決」などと呼ばれた。
異名には「Genius(天才)」「マジック・セナ」などがあり、若手時代には「ハリー」の愛称でも呼ばれた。
日本では、古舘伊知郎が実況中継で使用した「音速の貴公子」がよく知られている。
母国ブラジルにおいては、サッカー選手のペレ、ジーコと並んで、特に偉大なスポーツ選手の1人とされている。

レーシングドライバー。F1レーサー。ブラジル人。Ayrton Senna da Silva(アイルトン・セナ・ダ・シルバ) 1960年生まれ、1994年5月1日*1逝去。享年34歳。 通算161戦41勝、ワールドチャンピオン3回、ポールポジション65回、ファステストラップ19回、数々の伝説を残す『音速の貴公子』と呼ばれた。 トールマンでデビューし、ロータス、マクラーレン、ウィリアムズと渡り歩いた。また1987年から92年にかけてはホンダのエースとしても活躍した。 1994年サンマリノGPイモラサーキット、予選で度重なる大クラッシュが続く中行われた決勝にて、6周目およそ310km/hで彼のマシンはそのままコンクリートウォールへ一直線に激突した。激突の瞬間、マシンの左フロントのサスペンションが破損し、そのシャフトが彼のヘルメットを直撃、ボローニャの病院に搬送後、彼の死が伝えられた。 イギリスF3で活躍しF1にステップアップしたブルーノ・セナは甥。 (引用元 Hatena Keyword)