訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

フランソワ・アラゴFrançois Jean Dominique Arago

物理学者文学者[フランス]

1853年 10月2日 死去享年68歳

フランソワ・アラゴ - ウィキペディアより引用
フランソワ・ジャン・ドミニク・アラゴ(フランス語:François Jean Dominique Arago、カタルーニャ語:Francesc Joan Domènec Aragó、 1786年2月26日 – 1853年10月2日)はフランスの数学者、物理学者、天文学者で政治家である。
物理学では光学や創成期の電磁気学に大きく寄与し、また政治家としても業績を残した。
前半生 ピレネー=オリアンタル県ペルピニャン近くの小村エスタジェルに4人兄弟の長男として生まれた。
父は造幣所の会計係だった。
弟のジャン (1788-1836) は北アメリカに渡り、メキシコ軍の将軍になった。
ジャック (1799-1855) は探検家ルイ・ド・フレシネの探検航海 (1817-1821) に参加し、帰国後はジャーナリスト兼劇作家となった。
末っ子のエティエンヌ・ヴァンサン (1802-1892) は作家としてオノレ・ド・バルザックと合作したこともあり、その後も合作の形で数多くの作品を書いた。

↑ PAGE TOP