訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

石黒修 氏(いしぐろおさむ)

元プロテニス選手[日本]

2016年 11月9日 死去享年81歳

石黒 修(いしぐろ おさむ、1936年8月12日 - )は、日本の男子プロテニス選手。
日本プロテニス界のパイオニアとして活躍した名選手である。
俳優として活躍する石黒賢の父親としても知られる。
長崎県長崎市出身。
神戸の甲南中1年でテニスを始める。
2年先輩に松岡功がいる。
その後甲南高校、慶應義塾大学、三菱電機へと進み、全日本ジュニア、インターハイ、インカレを制する。
1961年にはデビスカップの代表に選ばれ、東洋ゾーン準決勝で奇跡の逆転勝利を演出した。
さらにウィンブルドン選手権の前哨戦では当時ランキング1位のニール・フレーザー(オーストラリア)を破る大金星を挙げ、同選手権にも初出場で初戦を突破し、1回戦でアラン・ミルズ(イギリス、長年ウィンブルドン選手権の運営委員を務めた人)を破った。
同年の全日本選手権で初優勝を遂げる。
全日本選手権はシングルス3度(1961年・1964年・1965年)、ダブルス3度(1962年・1964年・1965年)制し、混合ダブルスでは3連覇(1963年・1964年・1965年)を達成した。

↑ PAGE TOP