芸能人・経営者のおくやみ情報

エドワード・ソーンダイクEdward Lee Thorndike

心理学者[アメリカ]

1949年 8月9日 死去享年76歳

エドワード・L・ソーンダイク(Edward L. Thorndike, 1874年8月31日 - 1949年8月9日)は、アメリカの心理学者・教育学者。
コロンビア大学教授。
連合主義の一形式である結合主義の研究に独自に取り組む。
教育評価の分野では教育測定運動の父と言われる。
試行錯誤説(ネコの問題箱の研究)が有名。
1903年に「教育心理学」を刊行、これは後に3巻本の大著となる(1913-14)。
教育評価の父としても知られる。
ソーンダイクはウィリアム・ジェームズの本を読んで心理学へ興味を持ち、彼のいるハーバード大学に進学したものの、児童を被験者とする教授法や学習の研究が難しかったため、動物を用いた学習研究を行うことになる。
コロンビア大学に移り ジェームズ・キャッテルのもとで研究を行い「動物知性-動物における連合過程の実験的研究-」で博士号を得る。
この研究では、動物の行動に過度に知的なものを読み込むのを戒める姿勢が貫かれている。
動物の行動は、個々の行為を何らかの見通しのもとに行っているわけではなく試行錯誤に過ぎない、ということが彼の強調点であった。
  • 題名
    人性研究
    著者
    エドワード・ソーンダイク
    発売元
    日本済美会
    発売日
    1904
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 36,400 より

「エドワード・ソーンダイク」と関連する人物(故人)