芸能人・経営者のおくやみ情報

保篠龍緒 氏(ほしのたつお)

作家翻訳家[日本]

1968年 6月4日 死去享年77歳

保篠龍緒 - ウィキペディアより引用

保篠 龍緒(ほしの たつお、1892年11月6日 - 1968年6月4日)は、作家、翻訳家、『アサヒグラフ』編集長。
モーリス・ルブランの「アルセーヌ・ルパン(リュパン)」シリーズの翻訳で知られる。
長野県飯田出身。
本名・星野辰男。
東京外国語学校仏語科卒業。
卒業後は文部省勤務。
1918年、神田の書店で、ルブラン作「怪盗紳士ルパン」フランス語原書を見かけ、ユニークな題名にひかれて購入、読んでみたら星野自身が内容の面白さに引き込まれ翻訳をしたと伝えられる。
文部省役人としての立場上、本名で翻訳活動にあたることを憚り、本名の漢字を入れ替えて筆名とした(保篠竜緒という表記もある)。
1918年、金剛社から保篠による最初のルパン翻訳「怪紳士」出版。
この金剛社刊のルパン作品はデビューして早速シリーズ化、保篠は次々にルパンシリーズを翻訳していく。
このシリーズの一編として18年発売された「奇巌城」は、原題から離れて保篠が考案した訳題であり、内容を的確に捉えた名タイトルとして知られることになる。

「保篠龍緒」と関連する人物(故人)