訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

イーヴリン・ウォー 氏Arthur Evelyn St. John Waugh

作家[イギリス]

1966年 4月10日 死去享年64歳

アーサー・イーヴリン・セント・ジョン・ウォー(Arthur Evelyn St. John Waugh、1903年10月28日 - 1966年4月10日)は、イギリスの小説家。
グレアム・グリーンと並ぶカトリック作家であり、グリーンとは対照的に辛辣な風刺とブラックユーモアを身上とした。
代表作に『衰亡記』、『ブライズヘッド再訪』、『名誉の剣』三部作などがある。
出版社社長で文芸評論家のアーサー・ウォー(Arthur Waugh)の息子としてロンドンに生まれる。
兄アレック・ウォーも、映画化された『陽の当たる島』などの作品がある小説家である。
一族の系譜には詩人・文芸評論家のエドマンド・ゴスなどもいる。
パブリックスクールを経て1922年、オックスフォード大学ハートフォード・カレッジの歴史学科に入学。
しかし勉学に身を入れず放蕩生活を送り、2年後に退学。
ヒーザリー美術学校に入学しなおすがここも短期間で退学した。
しばらく教師をしながら各地を放浪し、1928年に同名のイーヴリンという女性と結婚(「イーヴリン」は男女双方に用いられる名前)。

↑ PAGE TOP