訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

オーギュスト・エスコフィエGeorges Auguste Escoffier

料理人[フランス]

1935年 2月12日 死去享年90歳

オーギュスト・エスコフィエ - ウィキペディアより引用
ジョルジュ・オーギュスト・エスコフィエ(”Georges Auguste Escoffier”、1846年10月28日 – 1935年2月12日)は、フランスのシェフ。

レストラン経営と料理考案・レシピ集の著述を通じて、伝統的なフランス料理の大衆化・革新に貢献した事で知られる。
現在にいたるフランス料理発展の重要なリーダーとして、シェフと食通の間で偶像視されている。

築いた技法の多くは、フランス料理の創始者として知られるシェフ、アントナン・カレームの技法を基礎としている。
エスコフィエの最大の功績は、カレームを基礎としながらも、カレームが築き上げた、精巧で装飾的な意味合いの濃厚な料理を単純化し、調理法を体系化する事によって、フランス料理現代化の先鞭をつけたことにある。

「オーギュスト・エスコフィエ」と関連する人物(故人)