訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

サルヴァトーレ・クァジモド 氏Salvatore Quasimodo

作家詩人[イタリア]

1968年 6月14日 死去享年68歳

サルヴァトーレ・クァジモド - ウィキペディアより引用
サルヴァトーレ・クァジモド(Salvatore Quasimodo, 1901年8月20日 - 1968年6月14日)はイタリアの作家。
1959年にノーベル文学賞を受賞した。
ジュゼッペ・ウンガレッティ(Giuseppe Ungaretti)、エウジェーニオ・モンターレ(Eugenio Montale)とともに20世紀イタリアの最高の詩人と言われている。
伝記 クァジモドはシチリア州のモーディカで生まれ、1908年に父親が地震による人口の集中に対処する仕事を任されたため、メッシーナに引っ越した。
自然の大きな力は若いクァジモドの心に衝撃を残した。
1919年に彼は地元の工業大学を卒業し、後にフィレンツェの市長となるGiorgio La Piraともこのメッシーナで知り合った。
1917年、彼はNuovo giornale letterarioという短命の文芸誌を創刊し、自身の最初の詩を発表した。
1919年には工学の研究を修了させるためにローマへ移ったが、経済的な事情から科学の職を選ぶことになった。

↑ PAGE TOP