芸能人・経営者のおくやみ情報

三笠宮崇仁親王 氏(みかさのみやたかひとしんのう)

皇族、昭和天皇の弟[日本]

2016年 10月27日 死去心不全享年102歳

三笠宮崇仁親王 - ウィキペディアより引用
三笠宮崇仁親王(みかさのみや たかひとしんのう、1915年(大正4年)12月2日 - )は、日本の皇族、歴史学者(専攻は古代オリエント史)、陸軍軍人(最終階級は陸軍少佐)。
大正天皇と貞明皇后の第四皇子。
今上天皇の叔父にあたる。
御称号は澄宮(すみのみや)。
身位は親王。
皇室典範における敬称は殿下。
皇位継承順位第5位。
勲等は大勲位。
称号は東京芸術大学名誉客員教授。
お印は若杉(わかすぎ)。
現在存命中の皇族の中では最年長者であり、「三笠長老」の敬称を奉られることもある。
「三笠宮」の宮号は、1935年(昭和10年)12月2日に崇仁親王が成年式を行った際に賜ったもので、奈良市の三笠山にちなんで命名された。
生い立ち 1915年(大正4年)12月2日、大正天皇と貞明皇后の第四皇男子として誕生。
3人の兄は皇太子の王子として生まれ、早くから「皇孫御殿」に引き取られて養育されたが、生まれながらの皇子である崇仁は、すぐ上の兄である宣仁から10歳年下、長兄裕仁からは14歳年下の末子を手元で育てたいという両親の意向が貫かれ、御所で育てられた。