芸能人・経営者のおくやみ情報

柳原和子 氏

ノンフィクション作家[日本]

2008年 3月4日 死去卵管がん享年57歳

柳原 和子(やなぎはら かずこ、1950年3月19日 - 2008年3月2日)は、ノンフィクション作家。
東京生まれ。
東京女子大学卒。
カンボジアの難民キャンプのレポートなどを雑誌に発表、世界中を回ってノンフィクションの筆をとるが、1997年がんに罹り、奇跡的な生還を遂げ、以後は患者学、医療過誤などの問題に取り組むが、2004年再発し、2008年死去。
著書 『カンボジアの24色のクレヨン』晶文社 1986 『二十歳もっと生きたい』福嶋あき江、柳原編 草思社 1987 『「在外」日本人』晶文社 1994 のち講談社文庫 『がん患者学 長期生存をとげた患者に学ぶ』晶文社 2000 のち中公文庫 『がん生還者たち 病から生まれ出づるもの』中央公論新社 2002 「がん患者学3」中公文庫 『私のがん養生ごはん 告知されたその日からはじめる』主婦と生活社 2003 『がん患者学 2』中公文庫 2004 『百万回の永訣 がん再発日記』中央公論新社 2005 のち文庫 『さよなら、日本』ロッキング・オン 2007 『柳原和子もうひとつの「遺言」 がん患者に贈る言葉と知恵』工藤玲子編著 マーブルトロンマーブルブックス編集部 2012 参考 『文藝年鑑』2008年。