芸能人・経営者のおくやみ情報

エンヴェル・パシャİsmail Enver Paşa

軍人、政治家[オスマン帝国]

1922年 8月4日 死去戦死享年42歳

エンヴェル・パシャ - ウィキペディアより引用

エンヴェル・パシャ(オスマン語:اسماعيل انور トルコ語 現代トルコ語:İsmail Enver Paşa、1881年11月22日-1922年8月4日)はオスマン帝国末期の軍人・政治家。
青年トルコ革命の指導者。
1913年以降オスマン帝国の兵権を掌握し、1918年まで三頭政治を行う。

エンヴェル・パシャの生い立ちには謎が多い。
下級官吏の子として生まれたとされるが正確な出生地は明らかでなく、帝都イスタンブル、黒海沿岸のアパナマ、アダナなどいくつかの説がある。
一説によれば母はアルバニア系の死体処理業者の娘であったという。

長じてイスタンブルの陸軍士官学校に入学し、ついで陸軍大学でドイツ語とドイツの軍事学 軍事理論を学ぶ。
1902年に高級参謀過程を次席で卒業し、翌1903年にマケドニア駐留の第三軍団に配属された。
1906年にはマナストゥルでオスマン帝国の立憲改革を目指す統一と進歩委員会(統一進歩団)にひそかに加入し、有力幹部の一員となった。

「エンヴェル・パシャ」と関連する人物(故人)