訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ジェルマン・アンリ・ヘスGermain Henri Hess

化学者[スイス→ロシア]

1850年 11月30日 死去享年49歳

ジェルマン・アンリ・ヘス - ウィキペディアより引用
ジェルマン・アンリ・ヘス(Germain Henri Hess、1802年8月7日 - 1850年11月30日)はスイス生まれのロシアの化学者である。
化学反応の反応熱の総量は、その反応の初めの状態と終わりの状態で決まり、途中の経路には関係しないというヘスの法則を1840年に発表した。
時期的にはマイヤーがエネルギー保存則の論文を書く2年ほど前である。
ジュネーヴに生まれたが、家族と共にロシアに移住した。
現在のエストニアのドルパート大学で医学を学び、後にストックホルムのベルセリウスのもとで化学を勉強した。
1830年からサンクトペテルブルクに移り化学の教授になった。
ヘスの法則についての論文は1840年に発行された。
それ以外の業績としては、鉱物に関する研究があり、銀とテルルの鉱石にヘッス鉱(Hessite)の名前が残されている。

↑ PAGE TOP