芸能人・経営者のおくやみ情報

カロライン・ハーシェルCaroline Lucretia Herschel

文学者[ドイツ]

1848年 1月9日 死去享年99歳

カロライン・ハーシェル - ウィキペディアより引用
カロライン・ルクリーシア・ハーシェル(Caroline Lucretia Herschel、1750年3月16日 - 1848年1月9日)はドイツ生まれでイギリスで活躍した女性天文学者である。
ウィリアム・ハーシェルの妹であり、兄の助手として天文観測を行い、自らも(35P)ハーシェル・リゴレー彗星などを発見した。
名前の読みは、ドイツ語ではカロリーネ・ルクレティア・ヘルシェルとなる。
生涯 ハノーファーで生まれた。
1772年の秋、イギリスで音楽を教えていた兄ウィリアムの元に移り、兄の音楽の仕事と天文観測の両方を手伝った。
声楽家としても評判を得て、バーミンガムのフェステバルで歌うことを求められたこともあった。
1782年にウィリアムがジョージ3世から国王付天文官 (The King's Astronomer) に任命されると、バッキンガムシャー(現バークシャー)のダチェットに移住し、助手を務めた。

「カロライン・ハーシェル」と関連する人物(故人)