訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

中西夏之 氏(なかにしなつゆき)

現代美術家[日本]

2016年 10月23日 死去脳梗塞享年82歳

中西 夏之(なかにし なつゆき、1935年7月14日 - )は、前衛美術、現代美術家。
元東京藝術大学教授。
東京藝術大学名誉教授。
女子美術大学客員教授。
元倉敷芸術科学大学特任教授。
美学校の設立にも奔走した。
1935年、東京都大井町生まれ。
1954年、東京都立日比谷高等学校卒業。
同窓に作家の坂上弘、文芸評論の権田萬治などがいる。
1958年、東京藝術大学絵画科(油画専攻)を卒業。
大学時代の同窓に高松次郎、工藤哲巳、磯辺行久など。
1959年、シェル美術賞で佳作を受賞した。
1962年、高松次郎、川仁宏らと共に、山手線のホームや車内で卵型のコンパクトオブジェを用いた「山手線事件」のハプニングを行い、翌1963年には、第15回読売アンデパンダン展に《洗濯バサミは攪拌行動を主張する》を出品、時代を代表する作品となる。
同年、高松次郎、赤瀬川原平らと「ハイレッド・センター」(高・赤・中)を結成し、銀座の街頭や画廊などで日常に懐疑を突きつける多くのイヴェントを実践した。

「中西夏之」と関連する人物(故人)