芸能人・経営者のおくやみ情報

久世竜 氏(くぜりゅう)

殺陣師、俳優[日本]

(旧芸名・岬弦太郎)

1985年 1月5日 死去享年78歳

久世 竜(くぜ りゅう、明治41年(1908年)1月19日 - 1985年1月5日)は、日本の殺陣師・俳優。
俳優活動時の旧芸名は岬 弦太郎(みさきげんたろう)。
明治41年1月、愛媛県東宇和郡野村町高瀬に生まれる。
叔父の経営する神戸の久保田商会で襦子の裁縫箱を輸出する業務を見習っていたが大正11年ごろ、「いやなことがあって」これを辞め、京都へ出る。
これが14歳だか15歳だか、久世本人の記憶にも定かでないという。
尾上松之助の忍術映画や外国の連続ものの活動写真を休みのたびに観ていて、「役者になろう」と決心。
まず長谷川伸を訪ね、牧野省三に紹介を受ける。
が、マキノ監督は「やめとけ、役者になる顔じゃない」とぴしゃりと言い、「仕事の世話をしてやるから、当分俺のところで飯食って遊んどけ」と久世少年を居候させてくれた。
この頃、監督独り立ちしていたマキノ雅弘のロケに随行。
「一円持たされて監督の煙草を買いに行くのが仕事のようなものだった」といい、愛煙家の監督はお釣りの三十銭のことはすぐ忘れるので、たまったお釣りが小遣いだった。