芸能人・経営者のおくやみ情報

ウジェーヌ・スクリーブAugustin Eugène Scribe

作家[フランス]

1861年 2月20日 死去享年71歳

ウジェーヌ・スクリーブ - ウィキペディアより引用
ウジェーヌ・スクリーブ(Augustin Eugène Scribe, 1791年12月24日 - 1861年2月20日)は、19世紀に活躍したフランスの劇作家、小説家、オペラ台本作家である。
舞台劇の分野では、綿密に練られたプロットによる戯曲を数多く著作、上演し、大成功を収めたことで知られる。
またオペラでは多くの著名な台本を著したことで今日でも名を残す。
生涯 絹商人の息子としてパリに生まれる。
幼い頃に両親を亡くしたものの相応の遺産を得、また高名な弁護士の庇護もあって、法律家となるべく高等教育を受ける。
しかし本人はむしろ演劇に関心を持っており、1810年頃からヴァリエテ座のためにヴォードヴィル(vaudeville/歌、音楽、舞踊、曲芸など様々の要素を含んだ喜劇)の脚本を書き始めた。
1813年からはパリ、オペラ=コミック座のためのオペラ台本も手がけるようになる。
初め特段の成功は得られなかったが、1815年、シャルル・ドレスル=ポワルソンとの共作になる『国民軍の一夜』(Une Nuit de la garde nationale )で大成功し、一躍花形戯曲家との評価を得た。

「ウジェーヌ・スクリーブ」と関連する人物(故人)