訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

吉田絃二郎 氏(よしだげんじろう)

作家[日本]

1956年 4月21日 死去享年71歳

吉田 絃二郎(よしだ げんじろう、1886年11月24日 - 1956年4月21日)は、日本の小説家、随筆家。
佐賀県神埼郡西郷村(現在の神埼市)に生まれ、幼時に長崎県佐世保市に移る。
本名は吉田源次郎。
佐賀工業学校金工科(現在の佐賀県立佐賀工業高等学校機械科)、早稲田大学文学部英文科を卒業。
1915年(大正4年)に早大講師、1924年に同大文学部教授となる(教え子には井伏鱒二等がいる)。
教職の傍ら詩や小説を多く執筆した。
1934年(昭和9年)に早大を退職し作家活動に専念。
小説・随筆・評論・児童文学・戯曲と幅広い分野で活躍し、著作集は236冊を数えた。
1956年4月21日死去、享年69。
主な作品 「島の秋」 - 早大在学中に徴兵で赴任した対馬を舞台とした短編小説で、1916年に「早稲田文学」に発表、出世作となる。
「小鳥の来る日」 「清作の妻」(二度映画化) 「山はるかに」 - 戦後に執筆した少年少女小説。
最終編が絶筆となった。
映画化 1924 清作の妻 :村田実監督、浦辺粂子主演 日活 1930 飾窓の中の女:松本英一監督  帝キネ 1937 盗人厩  嵐寛寿郎主演 新興京都 1938 春の逃げ水  新興東京 1941 江戸最後の日:稲垣浩監督 阪東妻三郎主演 日活 1965 清作の妻:増村保造監督、若尾文子主演  大映東京 著書 『タゴール聖者の生活』天弦堂書房 1915 『タゴールの哲学と文芸』大同館書店 1915 『生の悲劇』大同館書店 1916 『生命の微光』大同館書店 1917 『生くる日の限り』大同館書店 1917 『児童説教』吉田源次郎 日曜世界社 1918 『島の秋』大同館書店 1918 『心より心へ』大同館書店 1919 『人間苦』新潮社 1920 『大地の涯』新潮社 1920 『無限』新潮社 1920 『草路』春陽堂(新興文芸叢書)1921 『小鳥の来る日』新潮社 1921 のち角川文庫、新潮文庫 『光落日』新潮社 1921 『白い鳩をたづねて』日本評論社出版部 1921 『麦の丘』大同館書店 1922 『白路』新潮 ……
題名
日本名作童話シリーズ8 [VHS]
監督
出演俳優
井上和彦玄田哲章加藤修小山まみ
発売元
日本コロムビア
発売日
1997年6月21日
新品価格
より
中古商品
¥ 9,500 より
題名
日本名作童話シリーズ7 [VHS]
監督
出演俳優
井上和彦玄田哲章加藤修小山まみ
発売元
日本コロムビア
発売日
1997年6月21日
新品価格
より
中古商品
より
題名
小鳥の来る日 (新潮文庫)
著者
吉田絃二郎
発売元
新潮社
発売日
1957-07
新品価格
より
中古商品
¥ 456 より
題名
吉田絃二郎全集〈第1-18巻〉 (1931年)
著者
吉田絃二郎
発売元
新潮社
発売日
1931
新品価格
より
中古商品
¥ 49,990 より
題名
軍隊と人間 (コレクション 戦争×文学)
著者
細田民樹
発売元
集英社
発売日
2012-11-05
新品価格
¥ 3,888 より
中古商品
¥ 1,809 より
題名
吉田絃二郎の文学・人と作品
著者
原岡秀人
発売元
近代文芸社
発売日
1993-02
新品価格
より
中古商品
¥ 864 より
題名
栗の花の咲くころ
著者
吉田絃二郎
発売元
実業之日本社
発売日
1926
新品価格
より
中古商品
¥ 119,800 より
題名
八月の霧島
著者
吉田絃二郎
発売元
発売日
2015-01-10
新品価格
より
中古商品
より
題名
沈黙の扉
著者
吉田絃二郎
発売元
発売日
2012-10-04
新品価格
より
中古商品
より
題名
八月の星座
著者
吉田絃二郎
発売元
発売日
2012-10-04
新品価格
より
中古商品
より
題名
紀行文学小品選(一): 旅の味わいが滲み出る紀行小品15編 響林社文庫
著者
発売元
響林社
発売日
2014-08-13
新品価格
より
中古商品
より
題名
早稲田作家処女作集 (講談社文芸文庫)
著者
発売元
講談社
発売日
2012-06-09
新品価格
¥ 12,815 より
中古商品
¥ 740 より

↑ PAGE TOP