訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ザカリー・テイラーZachary Taylor

政治家、アメリカ合衆国第12代大統領[アメリカ]

1850年 7月9日 死去享年67歳

ザカリー・テイラー - ウィキペディアより引用
ザカリー・テイラー(英: Zachary Taylor, 1784年11月24日 - 1850年7月9日)は、第12代アメリカ合衆国大統領。
在職中に死去した2人目の大統領である。
当初は政治に無関心であったが、1848年にホイッグ党から大統領選に出馬、ルイス・カスを破って大統領に当選した。
テイラーは在職中に奴隷を所有した最後の大統領であり、大統領選に勝利した最後のホイッグ党員だった。
テイラーは「オールド・ラフ・アンド・レディ」(老暴れん坊)として知られており、陸軍での40年の経歴を持つ。
米英戦争、ブラック・ホーク戦争、第二次セミノール戦争、米墨戦争に従軍した。
大統領としてテイラーは奴隷制度の問題に対して穏健な姿勢を取ることで、南部からの反感を買った。
彼はニューメキシコとカリフォルニアの移民に州としての憲法を起草するよう訴えた。
そして、1850年協定の成立の準備を行った。
テイラーは就任からちょうど16ヶ月目に死去し、史上3番目に在任が短い大統領となった。
その死因は胃腸炎だと考えられる。
テイラーの後は副大統領のミラード・フィルモアが大統領に昇格した。

↑ PAGE TOP