訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

フェルディナント・フォン・リヒトホーフェンFerdinand Freiherr von Richthofen

地理学者、探検家[ドイツ]
1905年 10月6日 死去享年73歳
フェルディナント・フォン・リヒトホーフェン - ウィキペディアより引用
フェルディナント・フォン・リヒトホーフェン男爵(Ferdinand Freiherr von Richthofen、1833年5月5日 - 1905年10月6日)は、ドイツの地理学者・探検家。
近代的地形学の分野の創設者とされ、中国の研究を通じて、シルクロードの定義を定めた。
リヒトホーフェンは、ブレスラウ大学(現ヴロツワフ大学)及びベルリン大学で学んだ。
1856年に学位を授与した後、地質学者として働いた。
1856年から1860年にかけて、南チロル(アルプス山脈)とトランシルヴァニア(カルパティア山脈)で、地質学的調査を行なった。
そして1868年から1872年にかけて中国の調査を行い、それを『シナ』という著書にまとめる。
その際に「ザイデンシュトラーセン(絹の道)」という言葉を初めて用いた。
1872年にドイツへ帰国した後、リヒトホーフェンはベルリン地理学会の会長を勤めた。
1875年にボン大学の地実学教授になり、1883年にライプツィヒ大学に地理学教授として移動した。
1886年、リヒトホーフェンはベルリン大学に招聘された。
彼の弟子にはスウェーデンの探検家スヴェン・ヘディンがいる。
題名
山東省山岳地質 (1940年) (調査資料〈第4号〉)
著者
フェルディナント・フォン・リヒトホーフェン
発売元
興亜院政務部
発売日
1940
新品価格
より
中古商品
より

↑ PAGE TOP