芸能人・経営者のおくやみ情報

フリードリヒ・ヴェーラーFriedrich Wöhler

化学者[ドイツ]

1882年 9月23日 死去享年83歳

フリードリヒ・ヴェーラー - ウィキペディアより引用
フリードリヒ・ヴェーラー(Friedrich Wöhler, 1800年7月31日 - 1882年9月23日)はドイツの化学者。
シアン酸アンモニウムを加熱中に尿素が結晶化しているのを1828年に発見し、無機化合物から初めて有機化合物の尿素を合成(ヴェーラー合成)したことにより「有機化学の父」と呼ばれる。
また、ユストゥス・フォン・リービッヒと独立に行なわれた異性体の発見、ベリリウムの発見などの業績がある。
弟子に酢酸をはじめて合成したヘルマン・コルベがいる。
生涯 エッシャースハイム(現在フランクフルト・アム・マインの一部)で生まれた。
1820年にマールブルク大学の医学部に入学したが、物理学と化学に興味を持ち、下宿で化学実験してヨウ化シアンを発見した。
1820年にハイデルベルク大学の化学と医学の教授であるレオポルト・グメリンの研究室に転校した。
1823年、23歳で学位を取得すると、グメリンの紹介でストックホルムのカロリンスカ研究所に留学し、イェンス・ベルセリウスの研究室で鉱物の化学分析、シアンガスとアンモニアの反応の実験指導を受けた。