芸能人・経営者のおくやみ情報

ユーゴー・ド・フリースHugo Marie de Vries

植物学者[オランダ]

1935年 5月21日 死去享年88歳

ユーゴー・ド・フリース - ウィキペディアより引用

ユーゴー・マリー・ド・フリースまたはヒューゴー・マリー・デ・ヴリース(Hugo Marie de Vries、 1848年2月16日 - 1935年5月21日)は、オランダの植物学者・遺伝学者。
なお、ドフリスと呼称している日本の理科の教科書もある。
オオマツヨイグサの栽培実験によって、1900年にカール・エーリヒ・コレンスやエーリヒ・フォン・チェルマクらと独立にメンデルの法則を再発見した。
さらにその後も研究を続け、1901年には突然変異を発見した。
この成果に基づいて、進化は突然変異によって起こるという「突然変異説」を提唱した。
生涯 1848年2月16日に政治家の息子としてオランダのハールレムに生まれた。
ライデン大学・ハイデルベルク大学で植物分類学を学び、オランダの植物相の専門家となった。
のちにヴュルツブルク大学のユリウス・フォン・ザクスの研究室へ入り、ここで植物生理学の分野で重要な貢献をした(膨圧、呼吸、成長、原形質分離など。
「原形質分離」という言葉を作ったのもド・フリースである)。
ここでの研究はヤコブス・ヘンリクス・ファント・ホッフの浸透圧の研究にも影響を与えた。