芸能人・経営者のおくやみ情報

トマス・ヘンリー・ハクスリーThomas Henry Huxley

生物学者[イギリス]

1895年 6月29日 死去享年71歳

トマス・ヘンリー・ハクスリー - ウィキペディアより引用

トマス・ヘンリー・ハクスリー(Thomas Henry Huxley、1825年5月4日 - 1895年6月29日)はイギリスの生物学者。
ハックスリー、ハクスレーと表記されることもある。
「ダーウィンの番犬(ブルドッグ)」の異名で知られ、チャールズ・ダーウィンの進化論を弁護した。
リチャード・オーウェンとの論争においては、人間とゴリラの脳の解剖学的構造の類似を示して進化論を擁護した。
興味深いことにハクスリーはダーウィンのアイディアの多くに反対であった(たとえば漸進的な進化)。
そして、自然選択よりも、唯物論的科学を弁護することに興味を示した。
科学啓蒙家としての才能があった。
「不可知論」の語を作って自らの信仰を表現した。
彼は「生物発生説(続生説ともいう。
生物の細胞は他の生物の細胞からのみ発生する説)」と「自然発生説(無生物から生物が発生するという説)」の概念を作ったと信じられている。
前半生 ハクスリーは、イーリングの数学教師ジョージ・ハクスリーの8人の子の中で下から2番目の子として、西ロンドンのイーリングで生まれた。

Thomas Henry Huxley イギリスの動物学者。 1825年5月4、生まれ。1895年6月29日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)