芸能人・経営者のおくやみ情報

西条凡児 氏(さいじょうぼんじ)

漫才師、漫談家[日本]

1993年 5月31日 死去享年80歳

西条 凡児(さいじょう ぼんじ、1914年10月17日 - 1993年5月31日)は、日本の漫才師・漫談師。
現在の大阪府生まれ。
本名は河内弘明。
浪華商卒業、関西大学専門部中退。
「西条」という名前は師・花月亭九里丸のペンネーム「西条ちかし」および西条八十から、「凡児」は只野凡児に由来。
芸人を志し、来阪した古川緑波や大辻司郎に弟子入り志願をしたが断られ、知人の紹介で当時「漫談屋」と称していた花月亭九里丸の内弟子となる。
しかしながら、結婚して妻が妊娠中にもかかわらず、師匠の隣家に無理やり住まわされる等の内弟子修行の辛さに堪えかね、1年で師弟関係を解消する。
後年、九里丸が折れる形で同業者としての関係は修復するものの、内弟子を飛び出して以降、凡児と九里丸の間に師弟関係はなかった。
当初から、一人でしゃべる芸が希望であったがなかなか仕事がなく、1935年に千日前にて九条芸児とのコンビで「五銭漫才」でデビュー。
その後戦争中に招集され、従軍している間に相方の芸児が病死したため、復員後の一時期一枝という女性と組んだこともあった。

関西の漫談家。 1914年(大正3年)10月17日、生まれ。1993年(平成5年)5月31日、死去。 通称「話術の神様」。 「素人名人会」「凡児の娘をよろしく」「おやじバンザイ」など司会者としても活躍した。 (引用元 Hatena Keyword)

「西条凡児」と関連する人物(故人)