芸能人・経営者のおくやみ情報

ピグモン勝田 氏

お笑い芸人[日本]

1994年 10月23日 死去転落死享年26歳

ピグモン 勝田(ぴぐもん かつた、1965年4月1日 - 1994年10月24日)は、大川興業所属のお笑い芸人。
本名、勝田 啓司(かつた けいじ) 1965年、東京都に生まれる。
青山学院大学卒業後、1988年に大川興業に入団。
尊敬する芸能人は田原俊彦で、彼を人生の目標としていた。
父はテレビ朝日の元プロデューサー勝田康三。
座右の銘は「まだまだ」、21世紀の目標は「平穏な日々を送ること」だった。
大島勝美との漫才コンビ「トーキング」としても活動していた。
(大島は勝田の死後、「プリオ」を結成。
) 芸名は顔が『ウルトラマン』に登場した友好珍獣ピグモンに似ていた事から。
突然の事故死 1994年10月、大川興業は埼玉県の新座ニチイ(のちのサティ。
現イオン)の店頭広場に設けられた特設舞台で「花火」と題したパフォーマンス公演を行っていたが、途中で舞台を降り敷地内のケヤキの木にサルのような動きをしながら登ったところ、ぶら下がっていた枝が根元から折れて転落し後頭部を強打。

ピグモンカツタ 職業タレント 本名勝田啓司 グループ名グループ名=大川興業(オオカワコウギョウ),コンビ名=トーキング 生年月日昭和43年3月13日 学歴青山学院大学卒 経歴広告代理店勤務を経て、お笑い集団である大川興業のメンバーになる。派手なリーゼントに水晶ネックレス、怪しげな英語と「シェキナベイビィ」を口癖に踊りながら地方出身者をネタにしたボケを売りものに、ライブを中心に活躍。また大島勝美とコンビ・トーキングを結成。平成6年新座市で行われた大川興業のイベント中、会場内のケヤキの木にぶら下がり転落、のち死去。出演作にTV「NEXT」「まねまね天国」、ビデオ映画「金なら返せん!」がある。 没年月日平成6年10月24日(1994年) (引用元 コトバンク)

「ピグモン勝田」と関連する人物(故人)