訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

フェルナンド7世Fernando VII

スペイン国王[スペイン]
1833年 9月29日 死去享年50歳
フェルナンド7世 - ウィキペディアより引用
『フェルナンド7世 (スペイン王)』より : フェルナンド7世(Fernando VII, 1784年10月14日 - 1833年9月29日)はスペイン国王(在位:1808年、1813年 - 1833年)である。
前半生 スペイン王カルロス4世と妃マリーア・ルイーサ・デ・パルマの長男としてマドリード近くのエル・エスコリアルの広大な宮殿で生まれた。
フェルナンドが生きた時代、フランスではフランス革命が勃発、それによるフランス革命戦争、続くナポレオン戦争は全ヨーロッパを巨大な動乱へ巻き込むこととなった。
戦乱は体制の腐敗と老朽化が進んでいたスペインに大きな悲劇をもたらし、久しく国際舞台から外れていたスペインをヨーロッパで最大の関心事とすることになる。
少年から青年時代にかけては、王位継承者とはいえ両親と両親のお気に入りマヌエル・デ・ゴドイ(母の愛人)から除け者にされているという辛い立場に追いやられ、彼らに恨みを抱きつつ、自重していた。
この間にも弱体化した政府に対する全国の不満は高まり、1805年には大規模な暴動が起きている。
政情不安が続く1807年10月、フェルナンドはエスコリアル陰謀事件の共犯として逮捕された。

↑ PAGE TOP